MENU
\ あなたの商品が高く売れるインスタ術 /

インスタのアイコン画像は何がいい?インスタ集客の成功事例4選を公開!

\ あなたの商品が高く売れるインスタ術 /

インスタグラムを始める時に、まず初めに検討する「プロフィール」。

あれこれ決めなきゃいけないけど、「アイコン画像どうしよう…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

  • 顔出ししなきゃダメ?
  • オシャレな画像が必要?
  • イタい感じにはしたくない…

私はスポーツ業界No1企業でSNSマーケティングの仕事に携わってきましたが、分かりやすく好印象なアイコン画像は必須と確信しています。

今回ご紹介するアイコン画像の考え方を活用できると、あなたに興味を持つ可能性のあるユーザーを集めやすくなります。

数年前まで「インスタ映え」が注目を集めていましたが、集客できるアカウントは「わかりやすさ」を優先しています

本記事を読むと、インスタ集客の成功事例4選を知ることが出来ます。

それでは参りましょう!

目次

インスタのアイコン画像は何がいい?

インスタグラム集客のGOAL(目標)は、

「インスタグラム経由で仕事を受注する・お店へ集客する・リピーターを増やす」。

これが大前提ですよね。

インスタグラム集客を成功させるためには、アイコン写真選定は大事なステップです。

なぜならば…「あなたのアカウントを見てみたい!」と興味を持ってもらう判断材料の一部だからです。

早速、実例を見てみましょう。

女性雑誌でよく特集が組まれている「カラー診断」と調べてみますと、インスタグラム検索画面では下記画面が表示されます。

引用:Instagram

引用:Instagram

検索画面に表示されている内容

  1. アイコン画像
  2. ユーザーネーム(太文字アルファベット)
  3. 名前(グレーの薄文字)

誰かをフォローした時に、「おすすめ」表示される場合には、下記のようになります。

引用:Instagram

引用:Instagram

インスタのアイコン画像はタップしても拡大できません。

だからこそ、ターゲットの目を引く工夫が要ります。

最も大事な点は…「パット見で認識しやすいこと」に尽きます!

  1. パット見で認識しやすい
  2. どんなタイプの人か
    (例:フレンドリー・クール・爽やか等)
  3. どんなジャンルの投稿をする人か
    (例:カメラを構えている=カメラマン)

「どんなタイプの人か」は、どんなアカウントと認識されたいのかということ。

メッセージの一部でもあるアイコン画像なので、あなたの意志を入れていきましょう!

アイコン画像のNGパターンはこちら。

  • ブレている、ボケている
  • 顔を認識できない
  • 文字が小さすぎる

まずは覚えてもらいやすい写真を準備することから始めましょう。

あなたの顔写真や似顔絵イラストなどは「人間味」が出るので、好感度は高くなりやすいです。

また、本人画像ではなく動物やオリジナルのキャラクター画像にするのもアリですね!

自分の代わりに、キャラクターに喋ってもらう感じです。

インスタ集客の成功事例4選を公開!

ここからは、インスタ集客の成功事例4選をご紹介していきます。

アイコン画像については、前述した通り、

  • パット見で認識しやすい
  • どんなタイプの人か分かりやすい

が共通していて、「どんなジャンルの投稿をする人か」はプロフィール文章で補っています。

インスタアカウントは、フォロワー数だけを見ていると【本当に繁盛しているアカウント】を見抜けない恐れがあります。

注目すべくは、フォロワー数よりもエンゲージメント率(フォロワーとの交流度合い)です!

成功事例①アクセサリー作家さん

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハンドメイドアクセサリー作家Crystal Rabbit(@crystalrabbitbeads201412)がシェアした投稿

アイコン画像は、アクセサリーを身に着けた女性になっていますね。

ここから読み取れるのは…

  1. パット見で:「女性!」
  2. どんなタイプか:「キレイめな雰囲気!」
  3. どんなジャンルの投稿をする人か:アクセサリーかな?」

とても分かりやすいですよね!

<Crystal Rabbitさんがインスタ集客で得た成果>

  • ビーズアクセサリーのレシピ本を出版することになりました。
  • ファッションワールド東京に出店した際、インスタグラマーの方やメーカーの方など沢山の方からオファーを頂きました。
  • 百貨店への出展も!

成功事例②男性経営者さん

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Koiken@好きを仕事にするプロ(@koiken_koiken)がシェアした投稿

アイコン画像は、親しみやすそうな男性ご本人になっていますね。

ここから読み取れるのは…

  1. パット見で:「笑顔の男性」
  2. どんなタイプか:「カジュアルな雰囲気!」
  3. どんなジャンルの投稿をする人か:「自由な雰囲気?!」

画像からは発信内容まで汲み取ることはできませんが、プロフィール文で補われています。

気になって、ついつい他の投稿も見たくなりますよね。

<Koikenさんがインスタ集客で得た成果>

  • 起業家育成のコンテンツがインスタ経由から売れるようになった!

成功事例③コピーライターさん

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

デザイン会社に住むWEBライターウォンバットさん(@cleverwombat)がシェアした投稿

アイコン画像は、可愛らしい動物のウォンバットさんになっていますね。

ここから読み取れるのは…

  1. パット見で:「キュートな動物」
  2. どんなタイプか:「名前とセットで見ると気になる!」
  3. どんなジャンルの投稿をする人か:「なんだろう?!」

③については、画像から発信内容まではわかりませんが、プロフィール文で補われていますね!

<ウォンバットさんがインスタ集客で得た成果>

  • WEBライティングのセミナー講師依頼が入る
  • 「ライティング教えてないんですか?」と問い合わせが来る
  • 「顔出しなしアカウントの講義をしてくれ」と問い合わせが来る
  • 1万フォロワーの人が紹介してくれる
  • 自分のスキルをウォンバットを通じて発信ができて楽しい
  • Instagramをがんばっている人たちのグループに入れて、毎日お互いの投稿にコメントしたり楽しい

成功事例④栄養カウンセラーさん

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

HSP専門の栄養カウンセラー@ひとみ(@hitomi_natulife)がシェアした投稿

アイコン画像は、親しげな雰囲気を出す女性の顔になっていますね。

ここから読み取れるのは…

  1. パット見で:「笑顔で優しそうな女性」
  2. どんなタイプか:「穏やかな雰囲気」
  3. どんなジャンルの投稿をする人か:「どんな情報をくれるのかな?!」

③については、画像から発信内容まではわかりませんが、プロフィール文で補われていますね!

<ひとみさんがインスタ集客で得た成果>

  • フォロワー1000人未満(当時)でも、インスタからのお申し込みが入るようになりました!
  • リール投稿が603万件のハッシュタグで人気投稿入り!

まとめ

インスタグラムのアイコン画像における大事な部分について、お届けしてきました。

  1. パット見で認識しやすい
  2. どんなタイプの人か
  3. どんな情報を発信する人か

アイコン画像・名前・プロフィール文章の3つは、あなたの顔になる部分ですので、ぜひ納得のいくものを構築していきましょう!

あなた自身が初めてのアカウントに出会う時、何を見ているかということもぜひ思い出してみてくださいね。

何かお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
\ あなたの商品が高く売れるインスタ術 /

このブログを運営している人

Instagramマーケター・ナツミ

大手スポーツ企業でSNSマーケティングを担当。
インスタのフォロワー数を0から1万人まで増やし、高いエンゲージメント率を誇るアカウントへ成長させた。

その後独立し、少ないフォロワー数でも大きな売上をあげる「ミニマルインスタマーケ」を考案。
集客できるアカウントを輩出中!

期間限定公開中の「無料動画セミナー」でインスタを学んじゃいましょう!

目次
閉じる