MENU
\ あなたの商品が高く売れるインスタ術 /

【インスタが伸びない人】3つの共通点とは。“映え“より大事なこと

\ あなたの商品が高く売れるインスタ術 /

本記事はインスタをビジネスの集客として利用したい人向けに書いています。

ビジネスを成功させるために、今や必須ツールとされているSNS。

特に、ユーザーのアクティブ率がLINE並に高くなってきているSNSが、インスタグラムですね。

  • インスタを始めたものの先が見えない
  • 一生懸命、毎日投稿しているんだけどな
  • 何がダメなのかさっぱり分からない

とインスタ運用についてお悩みの方も多いでしょう。

日々トレンドが移り変わるSNSは、正解がないようにも感じられますよね。

私はスポーツ業界NO.1企業でSNSマーケティングの仕事に携わり、「良いインスタとは何なのか」を考え続けてきました。

その知見を生かして、今回は「インスタが伸びない人の共通点」をお伝えしていきたいと思います。

逆に言うと、今からお伝えする3つの状況をクリアできれば、誰でも劇的にインスタグラム運用が上手くなれます。

良いインスタ運用ができれば、ビジネスも加速しますし、お客様と良い関係を構築していくこともできるはずです。

それでは参りましょう!

目次

【勘違い多発】インスタが伸びない理由

では、まず大前提として

「キレイで洗練された投稿に人が集まるわけではない」

ということをお伝えしたいと思います。

(えええ!ルックス重視のSNSでしょ!)
(もうインスタ映えの時代ではないの?)

2021年現在のインスタグラムにおいては、

キレイな写真でオシャレな投稿を作成できたとしても、伸びるわけではありません!

これまでの常識が通じなくなってきたのです。

(えええ!じゃあ、どうしろと!)

と思うでしょう。

あなたが磨くべきは、映えるカメラテクでも、沢山のフォロワーを集めるカリスマ性でもありません。

“映え“より大事なことがあるのです。

早速、見ていきましょう。

インスタが伸びない人の共通点①コンセプトが曖昧

インスタが伸びない人の共通点その①は、コンセプトが曖昧なことです。

コンセプトとは、「アカウント全体を貫く基本的な考え方」です。

  • 誰の
    (どんな悩みや課題のある人か)
  • 何を
    (どんな課題を解決する情報か)

顧客を絞り込むことが戦略の全てと言っても過言ではないです。

最高を目指さずに独自性を追求せよ

引用:『マイケル・ポーターの競争戦略』

この軸が明確になっていないと、メッセージが毎回フラついてしまいます。

あなたはターゲットを思い浮かべながら、投稿作成が出来ていますか。

顧客を絞り込み、その上であなたの“独自性“を出すことに頭を使っていきましょう!

インスタが伸びない人の共通点②リサーチ不足

インスタが伸びない人の共通点その②は、圧倒的なリサーチ不足です。

“今のトレンド“を把握するには、「知りに行く」という行為をすれば良いだけです!

媒体特性を理解するには、まずは自身が1ユーザーとしてインスタを使って慣れることが大事。

はっきり言うと、センスが無くてもインスタを成長させることは可能です。

具体的なアクションプラン

  1. 自社の投稿目的を考える
  2. 自社が狙いたいハッシュタグを検索
  3. どんな投稿が人気投稿入りしているかを見る
    (現状の「正解」が分かる)
  4. PCでいいね数などをチェック
  5. 今の人気投稿にどんな投稿が入れば、「ユーザーの手が止まるか」を考える
  6. リサーチを元に投稿を作成する

今ノッている投稿がどんなものか、知りにいきましょう。

ただし、仮説無き状態でリサーチモードに入ることだけは避けてくださいね。

時間だけを浪費してしまう危険性があります。

インスタが伸びない人の共通点③自己中心的

インスタが伸びない人の共通点その③は、自己中心的です。

あなたは、どんな時にインスタグラムを見ますか?

  • 何か「明確な目的」を持って開くか?
  • 隙間時間に「なんとなく」開くのか?

「なんとなく見る」という方が大半だと思います。

そんな時に、

  • 「うちの店は2点で10%OFFキャンペーンしてますよー」
  • 「うちの店は今年も福袋セールやるよー」
  • 「うちのジムはこの辺りで一番マシンが多いよー」

こういった「店側の主張」を目にすると、胸やけしません?

インスタを開く見込み客が望む情報になっているか、改めて考えてみてください。

ユーザー目線になっている?

自分たちの都合から、掲載コンテンツを決めたりしていませんか?

例えば…

  • この商品は在庫が沢山余っているから
  • この商品は社長の激推しだから
  • この商品はメーカーイチ推しだから

絶対にNGという訳ではありませんが、ユーザー目線ではないですよね。

インスタ内のターゲット達が喜ぶコンテンツを作っていきましょう。

配慮は足りている?

インスタを見る人の状況を、今一度考えてみてください。

大半の方が、スマホという小さめの画面で見ています

  • 文字サイズは適切か
  • 文字量は適切か
  • 見やすい改行になっているか
  • バナーのような激しい主張になっていないか
  • 1投稿1メッセージになっているか

あなたが瞬間的に「これ見づらい!」と思った投稿を思い出してみてください。

まとめ

インスタが伸びない人の3つの共通点をお届けしました。

  1. コンセプトが曖昧
  2. リサーチ不足
  3. 自己中心的

ユーザーは、その投稿を通して「自分にとってどんなメリットがあるか」を考えつつ眺めています。

上記3つの状況をクリアし、正しい方向性で注力していけば誰でもインスタグラムを伸ばして行くことが可能です!

お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

みなさまを応援しております!

よかったらシェアしてね!
\ あなたの商品が高く売れるインスタ術 /

このブログを運営している人

Instagramマーケター・ナツミ

大手スポーツ企業でSNSマーケティングを担当。
インスタのフォロワー数を0から1万人まで増やし、高いエンゲージメント率を誇るアカウントへ成長させた。

その後独立し、少ないフォロワー数でも大きな売上をあげる「ミニマルインスタマーケ」を考案。
集客できるアカウントを輩出中!

期間限定公開中の「無料動画セミナー」でインスタを学んじゃいましょう!

目次
閉じる