【もったいない!】インスタのビジネス活用でよくある5つの誤解とは

  • インスタ映え写真を撮らないといけない
  • ルックスや資金力が必要不可欠
  • 男性ユーザーは見ないでしょ
  • フォロワーUP施策で消耗しそう
  • 売上に直結しないでしょ?

インスタグラムのビジネス活用を検討中の方で
こんな風に考えられている方はいませんか?

このちょっとした“勘違い“
インスタ活用を諦めている方がいたら、
本当にもったいないです!

広告費0円で売上に貢献するチャンスを見逃している
ことに等しく、損しています。

インスタはコツさえ押さえればカンタン!
誰もが扱うことのできるツールです。

「インスタを使えば活路を見出せるだろうに…」
と感じた企業や個人の方を私はこれまで沢山見てきました。

実際に、
インスタ導入しておいて良かった〜
というケースもあります。

本記事では、下記3点についてお届けしていきます。

  1. インスタのビジネス活用でよくある誤解
  2. インスタをビジネス活用するメリット
  3. インスタマーケティングの本質

それでは参りましょう!

目次

【もったいない!】インスタのビジネス活用でよくある5つの誤解とは

「インスタグラムのビジネス活用」と言うと、

  • インフルエンサー?PR?
  • 副業勧誘とか怪しいアカウント?

といった声も最近ではよく聞きます。

しかーし、違うんです!

インスタのビジネス活用については、
さまざま誤解が存在しているので、
見ていきましょう。

誤解①インスタ映え写真を撮らないといけない

インスタ映えの写真を撮らないといけないなんて
インスタ運用は無理だ
と思ったあなた!

インスタで結果を出すためには
写真」こそ最も大事だと思っていませんか?

確かに2016〜2017年頃は、
ハイクオリティな写真が支持されるトレンドでした。

しかし、今は違うんです!

インスタユーザー層が拡大した現代、
キレイなだけでは指を止めてもらえません

写真は綺麗に越したことはありませんが、
そこが最重視される訳ではないのです。

大事なのは、
「狭く深い」コンテンツです。

  • 自分にメリットのあるアカウントか
  • 継続的に情報を受信したいアカウントか

自分たちの専門領域について深く伝え、
それを本当に必要としてくれる人に届ける。

つまり、その手段は
写真だけ(これまでの常識)」
じゃなくても良い訳です。

  1. 写真(フリー素材)+文字
  2. 写真(自分で撮影)+文字
  3. イラスト
  4. 動画

あなたが得意な方法にしたらOKです。
実例をご紹介します。

①写真(フリー素材)+文字

フリー素材の画像に、文字を足した形です!

写真は自分で撮らなくても、
既にある素材を活用する
という方法があります!

②写真(自分で撮影)+文字

自分が撮影したオリジナルの画像に
文字を足すというパターンも良いですね!

こうすることで、人と被りづらく
独自性(オリジナリティ)を出しやすくなります!

③イラストのみ

イラストのみ、に舵を切ることも良いでしょう!

アカウントの世界観が統一されて、
あなたらしさを表現しやすくなります。

写真撮影コストが掛からないのは魅力ですよね。

④動画

上記例のように「リール」を活用するのも
良いですね!

「リール」は新機能のため、
参入障壁がかなり低いですよ!

まとめますと…
インスタ映えの写真は無くても良いんです!

誤解②ルックス・資金力が無いからできない

インスタ映えの顔やスタイルじゃない
資金力もない

なんて考えていたあなた。

企業アカウントの場合は、
「キレイなモデルを依頼しないと」なんて
考えていませんでしたか?

安心してください、
私も昔はそう思っていました。笑

インスタのビジネス活用に下記は不要です。

  • 誰もが憧れるルックス
  • 潤沢な資金力

モデル業など見た目を武器にする場合でしたら話は別ですが、
大多数のアカウントには

  • 実体験、知識
    →参考になる!
    →私も試せるかも!
  • 人柄、信頼性
    →“本物“と感じる
    →なんかイイ

こういった情報提供が大事です。

だから、ルックスや資金力に悩む時間はもったいないですよ!

インスタグラムマーケティングでは、
ルックスや資金力が全てではなく、
情報やサービス自体の「価値・実用性」が問われます。

誤解③男性ユーザーは見ないでしょ

こちらの資料を見てもらうと分かる通り、
インスタには男性ユーザーが4割強もいるんです!

これまでの常識に囚われ、
男性向け商品をインスタで出しても売れない
と決めつけるのは、あまりにも勿体ない!

男性ユーザーは“投稿“はしていなくても、
「見るだけ利用」の人は多いんです

男性をターゲットにしたスキンケアブランドも
インスタでとても支持されています!

誤解④フォロワーUP施策で消耗しそう

フォロワーを増やさないといけない
フォロワーUPの施策で消耗しそう

こんな風に考えている方もいますよね。

単純にフォロワー数だけを目標にすると、
方向性を見誤ります。

フォロワー数以上に大事なものがあります。

  • 10,000人フォロワーで100人の反応
  • 1,000人フォロワーだが100人の反応

どちらがコンテンツとして優れているでしょうか?
もう明らかだと思います!

あなたのサービスを必要とする人に
しっかりと情報が届けられて
お客さんとゆるく繋がるツールとして

インスタを活用すれば良いのです!

私のクライアントさんには、
フォロワーが少なくても
売上UPしている方が多いです。

彼らに共通するポイントは、
“全員“に向けて発信していないところです。

誤解⑤売上に直結しないでしょ

インスタって売上に直結しないでしょ?
徒労に終わる位なら他の施策にしない?
って思ったことありませんか。

これがそもそもの勘違いなんです!

例えば…
インスタでサービスを知る

Google検索等で
追加で調べて検討

一旦、決断を保留
(忘れることもある)

たまたま開いたインスタに
最新投稿が流れてくる

購入意欲が高まってくる

フォロー・保存などをする

ふと欲しくなった
自分のタイミングで
購入する

こういった流れで、
インスタは“間接的に“コンバージョンへ貢献することが多いのです。
※コンバージョン=成約、売上

商品購入を迷っている見込み客に対して
育成していくスタンスがインスタでは大事です。

良質な情報をインスタで提供し続けた結果、
それが「最後のひと押し」になることだってあります。

【インスタ】ビジネス活用するメリット

ここまでのお話で、
インスタのビジネス活用にまつわる誤解が解けたと思います。

実際にインスタをビジネス活用した場合の、
メリットはこちら。

  • メリット①低予算でスタートできる
  • メリット②ユーザーと接点を持ち続けられる
  • メリット③大手企業とも戦える土壌
  • メリット④素早く改善しやすい
  • メリット⑤Facebook社は中小企業を支援

詳しくは下記記事をご覧ください!

インスタグラムマーケティングの本質とは

結局のところ、
インスタグラムマーケティングの本質は

お客さんファーストの情報になっているか
だと思っています。

  • 自分にとって利益のあるアカウントだ
  • 自分はこのアカウントの世界観が好きだ
  • この情報は友人にも教えてあげたい

こう思ってもらえるアカウント設計が大事です。

他のプロモーション媒体に比較すると、

  • 低予算で始められる
  • ゆるい繋がりを作りやすい
  • 素早く改善しやすい

といった良さがインスタにはあります。

インスタを始めるのに遅すぎるなんてことはありません。

ぜひ時代の波に乗るインスタをビジネスに活用していきましょう!

まとめ

「インスタのビジネス活用」にまつわる5つの誤解を解いてきました!

  • インスタ映え写真はなくたって良い
  • ルックスや資金力もなくたって良い
  • インスタには男性ユーザーも増えてきた
  • インスタは「ゆるい関係」作り
  • インスタは売上へ“間接的に“貢献する

小さな会社や個人にこそチャンスが多いインスタグラムです。

今後、Facebook社は中小企業が喜ぶ機能をさらに強化していく見込みです。

広告費0円で繁盛するチャンスをインスタで掴んでいきましょう。

なにかお困りのことがありましたら、お気軽にご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる