【インスタ】リールの長さは何秒がいい?目的別おすすめ秒数

  • URLをコピーしました!

2022年8月現在、インスタグラムのリールは、最長90秒の動画を投稿できます。

規定の15秒・30秒・60秒・90秒からも選べますし、3秒・5秒・10秒といった自由な尺の設定も可能です。

だからこそ、何がベストなのかと、迷ってしまいますよね。

そこで、今回はリールの目的別おすすめ秒数を紹介します。

目次

エンタメ系動画を見て欲しい→15秒

エンターテイメント性が高い動画を見て欲しいときは、10秒〜15秒程度が向いています。

特にこのようなジャンルがおすすめです。

  • ダンス
  • ペット

インスタグラムのアルゴリズムでは、いいねやコメントなど反応はもちろん、「最後まで見たかどうか」も重要とされています。

短尺のエンタメ系リールは繰り返し見てもらいやすく、評価されやすいと言えるでしょう。

コミュニケーションを取りたい→30秒

ユーザーとコミュニケーションを取りたいときは30秒がおすすめです。

ストーリーでよく見かけるスタンプ機能が、リールでも使えるようになりました。

  • アンケート
  • クイズ
  • 絵文字スライダー

15秒だとユーザーの答える時間が短すぎますし、60秒以上だとスタンプが出るまで見てもらえないかもしれません。

30秒のリールなら、簡単な説明→アンケートという流れにはちょうどよいでしょう。

ストーリーにも載せたい→60秒

動画を作るのには時間も手間もかかってしまいますよね。

だから、リールだけでの利用はもったいない!

ストーリーにも載せると、効率的に再生回数を伸ばせるようになります。

ストーリーにシェアできる動画の長さは60秒まで。

15秒以上の動画をアップロードすると、自動的に15秒ごとに分割されます。

ただし、一部のユーザーは分割なしで投稿できるようです。

インスタ側はユーザーの基準を公表していませんが、今後、全ユーザーに機能公開されるのではと予想されています。

60秒ならそのままストーリーにも載せられるので、フォロワーさんも含めて多くの層にリーチできるでしょう。

学べるコンテンツを投稿したい→90秒

学べるコンテンツで差別化を図りたいなら、90秒を選択しましょう。

これまでリールの長さは最大60秒でしたが、2022年6月に最大90秒まで延長されました。

30秒長くなったため、より深い内容を投稿できるようになったのです。

特にコンサル・コーチなど”教える系”アカウントは、要チェック!

コンパクトにしなければいけなかった内容も、90秒に作り変えれば説得力が増し、フォロワー獲得につながるでしょう。

最近リールの再生回数が伸びている動画の秒数は?

ここまで15秒〜90秒のタイプをご紹介してきました。

しかし、最近のリールを見ていますと、実は3秒〜15秒程度が伸びている傾向にあります!

  • 現代人の「集中力」が短くなってきていること(8秒と言われています)
  • スピーディにコンテンツを消費したいと考える人が増えていること
  • 世の中のCMは15秒がほとんど(それでも長いと感じる)

リールは、最初の1〜2秒が本当に重要です。

その動画を見るのか・見ないのか、一瞬の選択にかかってきます。

冒頭で魅了し、最後の1〜2秒はスピーディな展開にし、繰り返し見てもらうという戦法ですね。

規定の15秒・30秒・60秒・90秒以外の秒数も、問題なく投稿ができますので、ぜひお試しください。

まとめ

今回はリールの目的別おすすめ秒数を紹介しました。

  • エンタメ系動画を見て欲しい→15秒
  • コミュニケーションを取りたい→30秒
  • ストーリーにも載せたい→60秒
  • 学べるコンテンツを投稿したい→90秒
  • 最近伸びている動画の秒数→3秒〜15秒

目的によってリールの長さを変えることで、効果が出やすくなります。

この記事を参考にして、あなたにとってのリールのベストな秒数を考えてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログを運営している人

Instagramマーケター・ナツミ

大手スポーツ企業でSNSマーケティングを担当。
インスタのフォロワー数を0から1万人まで増やし、高いエンゲージメント率を誇るアカウントへ成長させた。

その後独立し、少ないフォロワー数でも大きな売上をあげる「ミニマルインスタマーケ」を考案。
集客できるアカウントを輩出中!

期間限定公開中の「無料動画セミナー」でインスタを学んじゃいましょう!

目次