【インサイトの見方】インスタ分析を攻略せよ!見るべき指標は3つだけ

インスタグラムを集客に活用したい方にとって、「投稿成果」をチェックすることは大事な作業です。

インスタグラムには、「インサイト」という無料の分析ツールがあります。

  • 正直、どこを見たら良いの?
  • 各数値が何を示しているか分からん!
  • どう活かせば良いの?

といった声も多く聞きます。

私はスポーツ業界NO.1企業でSNSマーケティングの仕事に携わり、インサイトに触れ続けてきました。

その経験から得られた知見を元に、今回の「インサイトの見方・分析思考」について紹介していきたいと思います。

流れが早く、常に状況が変化し続けるSNSマーケットにおいて、数値把握は避けて通れません。

と言っても、カンタンです!

3つの指標だけチェックすればOKです。

本記事を読むと、あなたのインスタで成果を出せるようになります。

ぜひ、最後までチェックして「分析思考」を身につけた上で、より良いアカウント運営を実現してくださいね。

それでは参りましょう!

目次

何のためにインサイトを見るのか?

まず大前提となりますが、

「インサイトは、次の“投稿計画“を立てる為だけに見るのではない」

ということをお伝えします。

(えええ!じゃあ何に活かすの?!)

と感じられる方も多いと思います。

しかし、ここが大きな落とし穴なんです。

全てデータありきで投稿を作成していったら、同じようなアイディアしか生まれないからです。

投稿計画をガチガチに立てる為に、データを使うのではありません。

分析をする本当の目的は、自分たちの「仮説」を絶えずアップデートし続けるためです。

データを元に、SNSの動きを見る「目を養う」とも言い換えられます。

SNSは日に日に変化していきますので、今この瞬間の「常識」だけを頼りにしてはいけません。

現代のマーケティングは、どれだけ顧客の深層心理に迫れるかの勝負です。
マーケティング部門は数字をいじり回しているだけでは存在価値がありません。

フィリップ・コトラー(経営学者)

時代の変化(顧客心理)を肌で感じる為にも、インサイトを見るという訳ですね。

ということで、インサイトの具体的な見方を確認していきましょう。

【インサイトの見方】2021年最新版

インサイトの見方は主に2通りあります。

  1. アカウント全体をチェック
  2. 個別投稿をチェック

【インサイトの見方①】アカウント全体をチェック

自分のアカウントのホーム画面

「インサイト」のボタンをタップ。

インサイト「最近のハイライト」

こちらのページでは、数値概要を把握することが可能です。

さらに詳しく知りたい項目は、タップして見にいきましょう。

  1. 「リーチしたアカウント数」:何人が見たか
    ※あなたのフォロワーだけではなく、まだあなたのアカウントをフォローしていない人も含みます。
  1. 「コンテンツでのインタラクション」:どの投稿がウケているか
  2. 「合計フォロワー」:フォロワーの年齢層・性別・地域・アクティブな時間帯
  3. 「あなたがシェアしたコンテンツ」:過去投稿を好きな指標でソートして見られる

【インサイトの見方②】個別投稿をチェック

投稿画像の左下にある「インサイトを見る」をタップ

こちらのボタンをタップすると、

個別投稿の反響をチェックすることが可能です。

投稿のインサイト
  1. 保存数:この投稿が保存された回数
  2. プロフィールへのアクセス:この投稿を見た後、プロフィールへアクセスされた回数
  3. ウェブサイトクリック:この投稿を見た後、ウェブサイトがクリックされた回数
  4. フォロー:この投稿でフォローされた人数
  5. リーチ:投稿を見た“人数“
  6. インプレッション:投稿の“表示回数”
    ※インプレッション数が多い程、あなたのコンテンツは目を惹くものがあるという証拠

ここまで来て概要が分かりましたよね!

しかし、同時にきっとこう思ったでしょう。

「で、どこを見ればいいのや〜?!」

ということで、迷わない為に、次の章もチェックです!

【インサイトの見方】インスタ分析を攻略せよ!見るべき指標は3つだけ

インサイトで見るべき指標は3つ!

色々と指標があることは分かりましたよね。

その上で、特に見て欲しい指標は3つだけです!

超シンプルです!

投稿インサイト
  1. リーチ数:何人が見てくれた?

    ・リーチ数がいつもより少ない
    ハッシュタグの改善を検討
    ※普段付けないハッシュタグを試して、リーチ数が2倍以上に伸びた事例あり。

    シェアやメンションを生み出せると良い
    ※まとめアカウントに紹介された事で、平常時より5倍程に爆伸びした事例あり。

    ○目標値:【現状のフォロワー数の2倍】をまずは目指していきましょう!

    ・リーチ数の割に、インプレッションが伸びていない
    1枚目画像(サムネイル)の改善を検討

  2. プロフィールへのアクセス:何人からアクセスあったか

    プロフィール閲覧者がいつもより多いのに、フォロワーが増えない場合
    プロフィールの改善を検討

  3. フォロワー数:この投稿で何名増えた?

    フォロワーが増えた割に、エンゲージメントが少ない場合
    (エンゲージメント=いいね・コメント・保存・ストーリーズ閲覧等のリアクション)
    コンテンツの改善を検討

まずは、この3つの指標さえ抑えておけばOKです!

余力のある方は、下記の番外編もチェックしてみてくださいね。

【番外編】4つ目の指標:エンゲージメント率

エンゲージメント率とは、その投稿に対してどれくらいの「熱」をユーザーから持ってもらえたか、という指標です。

(投稿したコンテンツのいいね数+コメント数+保存数)÷リーチ数

業種や現時点でのフォロワー数によっても変わってくるという前提はありますが、

一般的には、

エンゲージメント率は、5%あればGOODです。

だから、フォロワーが少ないと嘆く必要はありません!

インスタグラムインサイトには、エンゲージメント率の掲載がないので、自分で計算です。

面倒だと感じる方は、「SINIS(サイニス)」という無料分析ツールを導入しましょう。

【番外編】5つ目の指標:保存数

「投稿の保存数」も要チェックです。

「保存数が多い」 = 「ユーザーが後から見返したいと思う程イイ投稿 or 情報量が多い」

アルゴリズムに好影響を及ぼし、「発見ページ」に掲載される可能性があります。

つまり、フォロワー以外にも見てもらえるということです!

○目標値:【保存数10】をまずは目指していきましょう!

あらゆる業種のインスタで、保存数の中央値が10程度となっています。
参考:Instagramのフィード投稿「いいね数・コメント数・保存数」の平均値は? 5,971企業アカウントをデータ分析した結果を公開します。

投稿後のインサイトチェック

投稿直後にも、リアクション状況をチェックしましょう。

  • 投稿直後〜1時間以内
  • 投稿1日後

投稿直後の初速が、インスタグラムのアルゴリズムに影響をもたらします。

反応が悪ければ、投稿日時を変更するという方法も改善案も出てきますよね!

まとめ

インスタ分析で大事な指標をご紹介してきました。

  1. リーチ数
  2. プロフィールへのアクセス
  3. フォロワー数
  4. エンゲージメント率
  5. 保存数

分析と聞くと、難しいイメージがあるかもしれませんが、とってもシンプルです。

なんとなくインサイトを見ている人が多い中で、
あなたがインサイト分析を正しい方向で継続していけば、必然的に突き抜けられるでしょう!

お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

みなさまを応援しております!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる